黒酢をおいしく飲む方法

黒酢の基礎的な知識として「黒酢をおいしく飲む方法」について、その効能や仕組みをはじめて黒酢を摂り入れる方にもわかりやすくガイドしています。

黒酢をおいしく飲む方法

黒酢は普通に調味料としても使われていますが、近年ではその健康効果からドリンクにして飲む方も増えています。

ただし、黒酢にも正しい飲み方があります。
間違った飲み方をしてしまうとかえって身体に良くない場合があるので注意が必要です。

そこで、黒酢の正しい飲み方についてご説明していきます。

黒酢の正しい飲み方

黒酢はクエン酸やアミノ酸がたっぷり含まれており、身体に良いことで有名ですが、やはりお酢ですので、酸性の刺激が強いです。

そのため、以下の注意を守って飲みましょう。
・1日に飲む量は30ml(大さじで1〜2杯程度)を上限にすること
・絶対に原液のままでは飲まないこと
・空腹時に飲むのは避けたほうがよい(特に、胃酸の出過ぎる傾向のある方は要注意)

上限を超えて飲み過ぎたり、原液のまま飲んだりした場合、
胃を痛めるのはもちろん、吐き気や腹痛、めまい、無尿、呼吸困難などさまざまな症状が現れる危険性があります。

ですから、1日30mlを上限とし、水やお湯、牛乳、ジュースなどで割って、薄めてから飲むようにしましょう。
空腹時の飲用も避けたほうが無難ですから、このときの飲み方には工夫が必要になります。

そして黒酢は薬ではありませんので「この時間に飲むと良い」というようなことはありませんが、胃への負担を考えると、食後に飲むようにするのが好ましいと言えます。

もちろん、黒酢だけを飲んだからといって健康が保たれるわけではありませんので、あくまでもバランスのとれた食生活を基本に、栄養を補助するものとして、上手に黒酢を取り入れていきましょう。

黒酢のおいしい飲み方

黒酢は米酢に比べると酸味はマイルドですが、もともとお酢が苦手という方には飲みにくさを感じるかもしれません。
そんな方のために、黒酢を少しでも美味しく飲める工夫をご紹介します。

先ほど、水やお湯、牛乳、ジュースで割って薄めて飲むことをおすすめしましたが、ほかにもいろいろな工夫ができます。

例えば、ただ水やお湯で割っただけでなく、それにレモン果汁とハチミツやメープルシロップを加えてみても美味しくいただけます。
ただの炭酸水で割っただけでも、さっぱりとしたサワードリンクとしていただけます。
牛乳と1対1で割ってよく混ぜると、飲むヨーグルトのようになってきますので、それにハチミツやジャムなどを加えてもいいですね。
トマトジュースなどの野菜ジュースも、オレンジやアップルなどよりも黒酢に合うという声もあります。

また、ワイン好きの方には、白ワインと黒酢を7対3で割る飲み方もおすすめです。
ワインにはポリフェノールが含まれますから、黒酢のアミノ酸と合わせて美容効果が高いドリンクができます、が、飲み過ぎは禁物です。

それでも黒酢のにおいが、お酢のすっぱさが、という方には、デザート感覚で黒酢を摂るという方法もあります。
たとえば、リンゴやバナナなどご自分のお好きなフルーツと一緒にミキサーにかけて手作りミックスジュースにもできます。

アイスクリームに黒酢をかけて食べるというのもひとつの趣向です。
もし手間をかけられるようでしたら、このアイスクリームと黒酢を、バナナなどのフルーツとハチミツ、細かく砕いた氷を一緒にミキサーにかけて、シェイクのようにして食べるのもおすすめです。

お酢が苦手ではない方でも、毎日同じ方法で摂っていると飽きが来てしまうことがありますので、たまには変わった方法を試し、黒酢を楽しみながら摂取できれば、長く続けられるのではないでしょうか。

それでも黒酢が苦手な方は・・・

<黒酢サプリメントで摂る!>
それでも黒酢のニオイや味が気になる、面倒だなとお考えのかたもたくさんいらっしゃると思います。
お酢自体が苦手というかたには、どのような方法でもドリンクとして飲むのは難しいかもしれませんね。

しかし、黒酢の健康効果はみすごせない・・・そんなかたにでも、オススメできる飲み方があります!
 
もうご存知の方も多いと思いますが、黒酢の「サプリメント」で有効成分を摂り入れるという方法があります。
簡単に黒酢の健康成分をとることができるという点では、今もっともポピュラーな飲み方となっているとも言えますね。

黒酢のエキスを加工してカプセル状などにしてあるので、どこにでも持ち運びができますし、お出かけ先でも簡単に飲めます。
もちろん、味にクセはありませんし、ニオイも気になりません。
そうした気軽さ、飲みやすさ、利便性を考えると、現在さまざまな種類が展開・発売されているのも納得できますよね。

毎日欠かさずお続けになられたいかたにこそ、やはり気軽に摂取できるということが重要なカギとも言えるでしょう。

>> 人気ランキングをすべて見る