黒酢の尿酸値低下効果

黒酢の基本的な知識として「黒酢の尿酸値低下効果」をテーマに、効能やその仕組みを初めて黒酢を摂取する方にもわかりやすく案内します。

黒酢の尿酸値低下効果

「尿酸値」というと、「痛風」を思い浮かべるかたが多いと思います。
しかし高い尿酸値によって生じるものはそれだけではなく、「尿酸結石」「腎障害」「動脈硬化症」など多岐にわたりますので、注意が必要です。
これらの生活習慣病の予防に、黒酢を役立ててみてはいかがでしょうか。

尿酸値とは?

そもそも「尿酸値」とは、プリン体が分解されてできた「尿酸」の血中濃度のことを言います
尿酸は、通常は老廃物として尿と一緒に排泄されますが、その排泄がうまくいかなかったり、プリン体を含む食品を多く摂り過ぎると、血液中の尿酸値が高くなり、「高尿酸血症」と呼ばれる状態になります(正常値は7.0mg/dL以下)。

プリン体とは、細胞中にある「核酸」(遺伝に関わる物質で、あらゆる生物の細胞に含まれているため、人体はもちろん、ほとんど全ての食品や一部のアルコール飲料にも含まれている)を構成する成分の一つです。

プリン体を多く含む食品として有名なのは、肉類ではレバー・舌・サラミなど、あん肝・たらこ・うに・白子などの内臓や精巣・卵巣関連の食べ物です。
魚では、青魚に多く含まれますが、さらに干物にすると乾燥によって重量あたりのプリン体が増えることになります。
野菜での含有量は少ないのですが、ホウレンソウやカリフラワー、キノコ類は比較的多く含まれています。
アルコール飲料の中でプリン体の多いものはビールと言われ、近年プリン体をカットしたビール系アルコール飲料が売られているのもこのためなのです。

近年では、生活習慣の見直しとして、こうした特定の食品を制限するというよりは、食事やアルコールの総量を減らして肥満を防ぐことが第一の予防策と言われています。

尿酸値が高いと・・・

尿酸が増えすぎると、結晶化して尿酸塩という細かいガラスの破片のようになります。
これが体内を流れ、特に足の親指やひざの関節にひっかかって炎症を起こし、激しい痛みが起こるようになったものが「痛風」です。

痛風が進行すると、心臓や脳血管の障害を引き起こすことがあります。

このほかにも、「尿酸結石」として結石を作り、背中に激痛を生じることもあります。
「腎障害」として尿細管へ尿酸が沈着し、腎不全を起こすこともあります。
「動脈硬化症」など血管内で炎症を引き起こすこともあり、それがさらに危険な疾患につながることもあるのです。

黒酢が尿酸値を下げる!

尿酸値を下げるには、尿酸が溶けて排出しやすくなるよう、尿をアルカリ性に近づける必要があります。
尿酸は酸性なので、アルカリ性の尿に溶け出すのです。

黒酢に含まれているクエン酸には尿のアルカリ化を促進する作用があり、尿酸を溶けやすくし、体内の尿酸値を下げることができます。
「クエン酸」という名前から、酸性では?と思われるかもしれませんが、クエン酸が体内で分解されると体液はアルカリ性になるのです。

実際、痛風の治療薬の中にはクエン酸を配合しているものもあり、「クエン酸=尿酸値低下に有効」という証拠にもなっています。

また、黒酢に含まれるアミノ酸の一つ「アラニン」がドロドロ血液をサラサラにし、血行を促進させます。
そしてアミノ酸の一つ「ヒスチジン」が血管を柔らかくし、黒酢に含まれる「メラノイジン」という成分がもつ赤血球変形能改善作用が働いて、細かい毛細血管までも血液が容易に移動できるようになります。
このような血流改善効果が、さらに尿酸という老廃物の排出をスムーズにします。

ちなみに、尿酸値は正常値を大きく下回りすぎても良くないと言われていますが、黒酢を毎日飲んでも尿酸値が下がりすぎることはありませんので、尿酸値が正常な方も安心して飲むことができます。

>> 人気ランキングをすべて見る