黒酢で更年期障害対策

黒酢の基本的な知識として「黒酢で更年期障害対策」をテーマに、効能やその仕組みを初めて黒酢を摂取する方にもわかりやすく案内します。

黒酢で更年期障害対策

「更年期障害」と聞くと、「女性だけの症状」とお思いの方も多いのではないでしょうか?
しかし実は男性にもみられるもので、ご自分で気付くことがないまま、さまざまな症状に悩まされているというケースも多いのです。

更年期障害とは?

更年期障害の特徴は「自覚症状」が中心で、その出方が人によって異なり、また一定の症状ではなく、次々と違った不調としてあらわれることにあります。
そのため、そのつらさは他人には理解してもらいづらく、たくさんのかたが悩みを抱えていらっしゃいます。

自覚症状として訴えられる更年期障害の不調には、以下のようなものがあります。

頭痛、めまい、耳鳴り、物忘れ、ゆううつ感、不安感、不眠、判断力や集中力の低下、倦怠感(だるさ)、しびれ、蟻走感(皮膚に虫がはうような感じ)、かゆみ、知覚過敏、知覚鈍麻、肩こり、腰痛、関節痛、背筋痛、筋肉痛、のぼせ、ほてり、冷え、動悸、息切れ、手足の強い冷え、皮膚や粘膜の乾燥、湿疹、発汗、ドライマウス(口が渇く)、唾液分泌の異常 、ドライアイ(目が渇く)、食欲不振、吐き気、便秘、下痢、腹部膨満感、のどのつかえ、月経異常、頻尿、残尿感、性器下垂感、性交障害・外陰掻痒症

など、挙げればきりがないほど多様な症状がみられます。

年齢はおおむね45〜55歳のかたに多く発症します。
原因は、心理的要因(性格など)、環境的要因(社会・家庭などで抱えるストレスなど)、そして身体的要因(ホルモンバランスの乱れ)によると言われています。

ここでは、原因の一つ、身体的要因である「ホルモンバランスの乱れ」に着目して、黒酢の効果をご説明していきたいと思います。

ホルモン欠乏で起こる症状

女性だけでなく、男性をも悩ませている更年期障害ですが、加齢によってホルモンバランスが崩れてしまうことが原因とされます。

ホルモンと一口に言ってもさまざまありますが、そもそもホルモンとは体内のあらゆる器官に働いて調整を行う生理活性物質です。
更年期障害では、女性の場合はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモン、男性の場合にはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが欠乏します。
医療現場でホルモン補充療法などを行う場合には、それぞれのホルモン剤が使用されて直接性ホルモンに作用します。

黒酢でホルモンバランスを整えようという考え方では、「ヒト成長ホルモン」というホルモンの分泌を促進します。
このホルモンは、加齢によって一生涯尽きることなく分泌されて私たちの身体の調子を調整するもので、筋肉や骨や肌のハリにまで作用して若々しさを保つ、別名アンチエイジングホルモンとも呼ばれているものです。
欠乏している性ホルモンを直接おぎなうことにはなりませんが、総合的にホルモンバランスの乱れを整えてくれる作用があります。

アルギニン、オルニチン、スレオニン、グルタミン、トリプトファン、リジンなどがこの成長ホルモンの分泌促進に関わっていますが、すべてのアミノ酸が体内で作ることができるものではありません。
食事やサプリメントなどで体外から摂取することしかできない必須アミノ酸を、バランス良く黒酢から摂ることによって、ホルモンバランスの整った若々しい身体づくりが期待できると言えるでしょう。

ちなみに近年、20代後半から30代の人でも「若年性更年期障害」として類似症状に悩まされてることが多いといいます。
これをそのままにしておくと本格的な更年期障害になってしまいますので、若いかたがたもぜひホルモンバランスには気を配って、健康な身体を保っていただきたいと思います。

>> 人気ランキングをすべて見る