黒酢の疲労回復効果

黒酢の基本的な知識として「黒酢の疲労回復効果」をテーマに、効能やその仕組みを初めて黒酢を摂取する方にもわかりやすく案内します。

黒酢の疲労回復効果

昔から「身体が疲れたな・・・」というときに、梅干しなど酸っぱいものを食べるといい、なんて言い伝えを聞いたことはありませんか?
それにはれっきとした根拠があるのです。
ですから、レモンやオレンジのような柑橘類、梅干しや酢の物などと同じように、黒酢も疲労回復に効くとても良いものなんですよ。

疲労の原因物質?

疲労は「乳酸」という疲労物質が溜まることによって感じられます。
体がだるい、重いなどのいわゆる疲労症状は、乳酸という疲れのもと体内に蓄積することが原因となって身体に表れるのです。

私たち人間は体内でブドウ糖をエネルギーに変換して生活していますが、このブドウ糖の燃焼後に残るカスが乳酸です。
通常、乳酸は代謝によって消費されますが、代謝機能が衰えると、消費されなくなった乳酸が筋肉や肝臓にたまり、疲労感を感じるようになります。

その後、さらに乳酸がたまると、細胞が栄養や酸素を上手に取り込めなくなり、血液の循環が悪化して、肩や首筋のコリ、冷え、頭痛など、さまざまな症状に発展してしまうのです。

この疲労を解消するためには、疲労物質である乳酸を体外へ排出すると同時に、乳酸を体内にため込まないことが重要となります。

クエン酸で疲労回復

黒酢に含まれているクエン酸には、疲労物質である乳酸をエネルギーに変換する働きがあります。
そのため、体内に蓄積した乳酸を消費すると同時に、乳酸が蓄積しにくい身体を作ることができるのです。

クエン酸は体内の代謝サイクル『クエン酸サイクル』で作用し、乳酸を分解・代謝して汗や尿として排出してくれます。
クエン酸サイクルとは、簡単に言うと、食事から摂った糖質や、乳酸、ほかにも体脂肪などを分解し、エネルギーに変換する働きです。

また、クエン酸サイクルは乳酸を排出すると同時にエネルギーを生み出すため、スタミナ増強にも役立ち、疲れにくい体を作り出してくれます。

黒酢と糖分の同時摂取がおすすめ

私たち人間の身体は、すぐに活用できるエネルギーとして『グリコーゲン』という物質を貯蓄する機能を持っています。

グリコーゲンは必要に応じて分解・代謝され、エネルギーとして利用される仕組みになっています。
そのため、グリコーゲンは日々消費されやすく、定期的な貯蔵が必要となります。黒酢に含まれるクエン酸にはグリコーゲンの分解を抑え、貯蔵を促進する働きがあり、失われたグリコーゲンの回復を促してくれます。

ちなみに、クエン酸のグリコーゲン回復率は糖分と同時摂取すると高まることが確認されており、黒酢と糖分の同時補給が推奨されています。
また、黒酢に含まれる酢酸によっても、消耗されたグリコーゲンの再補充が促進されて、疲労回復が早まると言われています。

他の成分にも注目!

黒酢に含まれるアミノ酸も、疲労回復のために重要な働きをしてくれると言われています。
BCAAと呼ばれる、バリン・ロイシン・イソロイシンという3つのアミノ酸は、筋肉のたんぱく質を構成する重要なアミノ酸で、身体の筋肉をふやす働きが知られていますが、運動時のエネルギー源として利用されています。
それが、運動時の持久力を高めたり、疲労を軽減する可能性も指摘されているのです。

さらに、黒酢に含まれている色素『メラノイジン』には、体内の血行を促進する作用があるため、乳酸による体のコリや冷えを改善することができます。

このように、黒酢を摂ることによって、疲労回復が期待されるばかりでなく、疲れにくい、力みなぎる身体への体質改善が期待できるということですね。

>> 人気ランキングをすべて見る