黒酢の動脈硬化予防効果

黒酢の基本的な知識として「黒酢の動脈硬化予防効果」をテーマに、効能やその仕組みを初めて黒酢を摂取する方にもわかりやすく案内します。

黒酢の動脈硬化予防効果

近年、社会問題ともなっている「生活習慣病」ですが、これが「動脈硬化」と深いかかわりにあることはご存知でしょうか?
ここでは黒酢がもたらす健康効果として、動脈硬化とともに、生活習慣病の予防についてもご説明していきます。

そもそも動脈硬化とは?

動脈硬化とは、文字どおり「動脈が厚くなってかたくなる」症状のことです。

動脈がかたくなることで、血管が破れやすくなりますし、臓器・組織が壊死したり、心臓に大きな負担がかかったりしてしまいます。

こうして動脈硬化を原因として引き起こされた病気を「動脈硬化症」といい、そのリスクは全身に及びますが、
特に注意しなければならないものとして心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクを高め、生活習慣病の原因になることが指摘されています。
そのように動脈硬化が引き起こした脳血管障害や心疾患によって、命を落としてしまうケースも多いのです。

この動脈硬化は、高血圧の状態が続いたり、血液がドロドロな状態が続いたりすると、生じやすくなります。

原因の一つとされる「高血圧症」については「血圧低下効果」という章でもご説明しましたので、省かせていただきますね。
もう一つの大きな原因、「ドロドロ血液」に着目してご説明していきます。

動脈硬化の原因、ドロドロ血液

ドロドロ血液とは、その名のとおり、血液の流れが悪く、滞っている状態を指しています。
血中のコレステロールや中性脂肪が増えることで起こりやすく、これを医学的には「高脂血症」と呼びます。

高脂血症をそのまま放っておくと、ドロドロ血液によって血管が傷つき、血栓が発生して動脈硬化を引き起こしてしまうのです。

血液がドロドロになるのは、栄養バランスの悪い食生活や睡眠不足、喫煙、ストレスなど生活習慣の乱れが大きな原因です。
(遺伝などの先天的な原因や他の原因で高脂血症になる場合もあります。)
特に栄養バランスが悪い食生活を送っていると、体内のコレステロール値や中性脂肪が高まり、血液がドロドロになる可能性が高まるのです。

こうした状態を解決するためには、栄養バランスが良い食生活を送ることや禁煙など、まずは生活習慣の見直しをすることが不可欠です。
その手助けとして、黒酢の効果を期待するかたが近年増えていらっしゃるのです。

黒酢で動脈硬化予防!

黒酢にはアミノ酸や、クエン酸などの有機酸が豊富に含まれています。
これらの成分は血液の循環を改善し、ドロドロの血液をサラサラ状態にする効果を持っています。

黒酢に含まれている必須アミノ酸「アラニン」という成分が脂肪を燃焼し、コレステロール値や中性脂肪値を下げ、血液をサラサラにする作用があります。
つまり、血液がドロドロ状態にならないよう予防する効能もあるのです。

さらに、クエン酸は「クエン酸サイクル」をスムーズに回すことによって脂質の分解を促しますので、コレステロールや中性脂肪を抑制してくれます。

実際に、心臓疾患と糖尿病を持つ患者に黒酢を1日20mlずつ飲み続けてもらったところ、総コレステロール値や中性脂肪値が低下した事例が報告されています。
また、血糖値も低下したことが確認されており、動脈硬化予防だけでなく、糖尿病の予防にも有効であることが証明されています。

動脈硬化、そしてそれに起因する生活習慣病を予防するために、日々の生活改善につとめながらも、黒酢の手助けを期待していただきたいと思います。

>> 人気ランキングをすべて見る